http://picaresqueblog.blog88.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

picaresque

Author:picaresque
picaresquehairをフォローしましょう

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2013.02.27/ 19:05(Wed)
IMG_4153.jpg

こちらのクッキーは先日社長が保険屋さんから戴いたものです。保険屋さんはいつも色々と持って来てくれますがあくまでも社長が入っている保険ですから、私はその戴きものにはさすがに手は出しませぬ。
親しき仲にも礼儀有り・・・・。

で、ですがぁ〜!こちらのクッキーを見て(・・・・いや二つあったんだもん)
「これ美味しそうやなあ〜。私好みのクッキーやわあ〜」なんて社長に言いよりまして。
はい、戴いちゃいました!

パッケージもイギリスやデンマークからやって来た感じがして(もちろんそんな所からやって来ていると思ってました!)可愛いし、味も良い!サクっ度も良し!コーヒーにピッタリ。
これはいいと思い、「どこに売っているのかなあ〜」とちょっと探してみると・・・・

なんとローソン100に売っている ということは・・・・そう、なんと¥100 なのですよ。

IMG_4155.jpg

3枚づつ5種類 =15枚 で、¥100って〜

【デンマーク王宮伝統のレシピをもとに作られたバタークッキー 世界130カ国で販売され親しまれている商品です。バター含有25%サクサクおいしい! 】

原産国はインドネシアでした。

コーヒー、紅茶好きの方には是非一度食べて頂きたいクッキーです。ローソン100・・・・侮れませんな。。。

あ、今日で2月の営業は終わりです。やっぱり早いですね、2月は。たかだか3日程少ないだけなのに・・・。
来月もよろしくお願い致します

意味のないおまけ↓

2165e9.jpg







 
スポンサーサイト
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 未分類
2013.02.24/ 18:17(Sun)
少し前から海外ブログのNY情報を毎日覗くようになりました。

リアルタイムにNYのことがわかる時もあって結構楽しかったりします。今年に入ってからの大雪の風景とかが写真でアップされNYの極寒を思い出したり、今度はいつ行けるのかと思いを馳せてみたり・・・・・・。

ほとんどが"食”に関するブログばかりです。
「毎日毎日、こんな物食べとうもないわ」私は特に食通というわけでは全く以てございませんのであまり高級料理には興味ない。なんかもっと庶民的なニューヨーカーの話題はないものか?

ランキング19位に面白いのがありました。

メトロポリタンダイアリーです。
ニューヨークタイムズ紙で人気の読者投稿欄、「メトロポリタンダイアリー(Metropolitan diary)」の日本訳です。

プライド
January 31, 2013
A Drummer on the Subway
By DANIEL WALLENBERG

Dear Diary:

休暇をニューヨークの実家で過ごした。家内と二人で地下鉄に乗ってダウンタウン方面に向かっていたとき、ドラムスティックとバケツを抱えた若いドラマーが我々の乗っている車両に入ってきた。

これまでに出会った「バケツ・ドラマー」たちと同様に、彼の演奏は見事なものだった。とはいえ、狭い車両の中で演奏しているわけだから、その音は耳が痛くなるほどの大きさで響き渡った。我々夫婦は二人とも音楽家なので、いつも耳には細心の注意を払うことにしている。そっと両手をあげて耳を塞いだ。

ひと通り演奏を終えると乗客一人ひとりに近づいて「寄付」のお願いが始まった。素晴らしい演奏だったことは間違いないのでお金を渡すつもりだった。しかし彼は受け取ることを拒否した。

私にはその気持ちが理解できる。私たちは彼のアーティストとしてのプライドを傷つけてしまったのだ。


・・・・・・・とこのような大都会ニューヨークで暮らす人々の日常の一コマが垣間みれるというわけです。
外人の文章ってセンスがいいなといつも思います。
投稿者の名前の部分をクリックすると英文も見れますので英語を勉強している方にもいいですね。

メトロポリタンダイアリー

興味がございましたら⇡クリックしてみて下さい。
もちろん世界各国のブログがあるので興味のある国を探してくださいね!

社長はブログ更新・・・・滞っておりますね。
多分明日くらいにアップするのでは?乞うご期待!

ではまた。

 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 未分類
2013.02.23/ 18:30(Sat)
昨日の事ですみません。昨日は2月22日・・・・ニャンニャンニャンでニャンコの日でした〜・・・・・・って。

私もそんな日があることはつゆ知らず。20日の読売新聞夕刊の”水曜日の花子さん”を見て知りました。

花子ちゃんその日は、飼い主さんやおじいちゃん、おばあちゃんにいつもとは違うスペシャルな対応をしてもらう。
(長〜い時間遊んでもらったり、マッサージしてもらったり、いつもよりお値段高めのキャットフードをもらう)
嬉しいんだけど、疑り深い花子ちゃんは「これは何かあるな???」・・・・・ってな内容でした。

そーだ!私もちょっといつもよりサービスしてやろう。
ということでかなり長めに”ナデナデ”してあげました。「今日はネコの日やからな〜サービス、サービス」
なんて言いながら。。。

その漫画がとてもかわいかったのですがまだアップされていなかったので他のを。

img20130131210718.jpg

実は春のお洋服がいろいろと入荷しておりまして、写真を撮ったのですが1Fは写りがどーもイマイチ。
3Fで撮るのが一番ベストなのですが、さすが土曜日はお客様も多いので無理でした。
おそらく明日も無理だ・・・.

今ぐらいからコートの下に着れる様な物もありますのでお楽しみに!

ではまた 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 未分類
2013.02.22/ 18:06(Fri)
ポール・オースターの”ブルックリン・フォリーズ”を読みました。

まずタイトルに惹かれた。ニューヨークとかブルックリンなんて地名がタイトルについているだけで興味がそそられる。次に見た目。カバーのイラストも可愛く、タイトルのロゴ、帯、etc
CDで言う所のジャケ買いのようなものです。

実はポール・オースターに関してはアメリカを代表する作家であるというにもかかわらず興味が持てなかった。
持てなかったし一生涯読むなんてこともないだろうと思っておったのです。

私は喰わず嫌いのかたまりの様な人間です。戴いてみて本当に良かった!

✽ おおまかなあらすじ ✽
幸せは思いがけないところから転がり込んでくる──傷ついた犬のように、私は生まれた場所へと這い戻ってきた──一人で静かに人生を振り返ろうと思っていたネイサンは、ブルックリンならではの自由で気ままな人々と再会し、とんでもない冒険に巻き込まれてゆく。9・11直前までの日々。オースターならではの、ブルックリンの賛歌、家族の再生の物語。

本を買う時、これくらいのあらすじだけで私は十分です。これだけで買うか買わないかが決まる。
どうでしょうか?

ただアメリカ人的ジョークとか独特の言い回しなんかがあまり好きではない方には面白くは感じられないかもしれませんが・・・・・。
ミステリー小説というのは終わりがないと困りますが、こういった小説は読み終える時実に寂しい気持ちになります。
3日で読み終えれば3日間、7日で読み終えれば7日間。
読んでいる間は物語の中で自分も傍観者ながら存在しているような気持ちにさせられるのですから!

・・・・・終わっちゃった〜・・・・・・。

IMG_4135.jpg

IMG_4136.jpg

IMG_4137.jpg

 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 未分類
2013.02.18/ 19:16(Mon)
西村賢太さんの芥川賞受賞作の「苦役列車」が映画化されているのを昨日知りました。
この方、幼少時代からかなりの苦労があり(父親が強盗強姦罪で逮捕されたり)、ま、人の事だから苦労してるなんて適当な言葉で片付けてしまえますが、これ当事者だったらもう自殺もんですよ。
・・・・
で、amazonのこの作品のレヴューでおもしろいのがありました。

今、テレビに出るのは「もってる」人ばかりだ。甲子園の優勝投手で早稲田に進学し、今季日本ハムに入団した斎藤佑樹は自らを「もってる」と言った。名声もあり、素晴らしい仲間もあり、今は、日本中の報道関係者をもっている。な~んももってないオレは、口をアングリとして見るほかはない。

 テレビではニュースをやっている。直木賞、芥川賞の発表らしい。「道尾秀介」…あ、このまえ情熱大陸に出ていたぞ。才能あり、大ヒット作連発、セレブな友人多数。写真のモデルにもなっていた。こいつももってる奴だなあ。「きことわ」…なになに、慶應義塾大学院生の20代?フランス文学者一家?あ、きれいな人だ。才色兼備じゃねえか。この女性ももってるなあ。

 ニュースは続いている。え、もう一人、芥川賞いるのか。ぱっとしない中年男がでてきたぞ。
「今から、風俗行きます。祝ってくれる友だちもいませんし、連絡する人も誰もいません」 ???
なんだ、こいつは?見事なまでに、もってない!!!

 オイラはすぐに本屋に駆け込んだ。お金を使いたくないが仕方ねえ。「ボクに『苦役列車』を売ってください」…

なんか、私が書きそうなレヴューで笑えた。
本当にそうですね。多分こういうもやもやした気持ちが常に心のどかにある人達に読まれる作家なんでしょうね。
全て私小説ですから、すごい。

生まれた時から”持ってる人”には”持ってない人”の気持ちは一生理解出来ないものです。
だから、私は西村賢太さんの小説には興味があります。

し、しかし・・・・・映画は森山未來が主演。ついでに某グループ卒業してから文春にパンツ丸見え写真撮られたお方も出ている・・・・。?????
私が監督なら若き日の加藤優(直江喜一さんね)で相手役は川上麻衣子(こちらも若き日の)を使うな。
いやあ、暗くてドロドロしてて泣けると思うのですが。

西村さんご本人もちょっと?なキャストだったとは思いますが、お金たくさん入って来たらまた風俗で遊べるからいいか!もちろん、映画は見ませんよ!!

303232.jpg





 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 未分類
2013.02.17/ 18:29(Sun)
ちょっとここ最近、駅で危険な若者達、暴力的な若者達をよく見かけます。

四ツ橋駅で夜も8時を過ぎた時間に、下は小学生、上は多分中学2,3年くらいの6人くらいの集団がいたのですが。
小学生ですでにヤンキー予備軍。
何で判断出来るのかと言いますと、やはり第一にヘアースタイルですね。
小学生なのに茶髪、で全体的には五分刈りなんですが襟足に長〜い髪を残しているという・・・・。
わかりますよね?・・・・ん?もしやそんなヘアスタイル見た事ないという方もいらっしゃるかしら?

高校生以上の年齢の男子でそのヘアスタイルをしている人を見かけたら絶対に目を合わさないのが基本中の基本。

野良犬と目を合わさないというルールと同じくらい常識です。(目を合わせたら最後、噛み付かれるのがおちです)
二つめはもちろん服装。・・・・はい、ジャージでした、大半が。

ああいう少年達に特有の妙なすばしっこさがあり、彼ら特有の悪さをやはりしておりました。
まだ、子供なんでそれ程怖くはないにしろ用心しながら観察。
うっかり見つかろうものなら"因縁を付ける”という彼らお得意のコミュニケーションをプレゼントされてはたまりませんから。

JR神戸線でのこと。三宮駅からスーツ姿の若者乗車。
スーツ姿に何か違和感を感じたのです。後ろ向いていたので観察。「あ、ピアスか」黒い大きなピアスをしてるから違和感あるのかな〜・・・・・とぼんやり思っていると仲間が他に3名。
皆スーツ姿なんですが顔は全員ヤンキー顔。
「あらら」と思っていると結構満員なのにも関わらず変な悪ふざけを始めました。
変な悪ふざけについては細かくは書きませんが卑猥系です。
で、目が合えば同じ事をおまえらにもするぞとほざいている。おいおい(苦笑・・・・・)
極めつけは電車のドアが開き乗客が降りようとしているのに入り口に立っている彼らは一切動こうとはせず
「おらおら、押しよったらしばきまわすぞ」ですってさ!

乗客皆知らん顔。見てない、聞いてないを一貫して通しておりました。

野良犬通り越して狂犬。100%両親からの悪のDNAを体中に受け継いでいると見られる輩達でした。

学校での体罰が問題になっていますが(体罰と暴力は違うと思うのですがね)こういう輩が生徒だったら先生はどう教育するんでしょうか?
学校の先生になろうとする真面目な人達がこの類いの連中を相手に太刀打ち出来ないでしょう。
ま、中途半端に殴っても仕返しされるだけだろうし。
多分、近頃の体罰先生はスポーツとかしてる真面目な生徒ばっかりに権力と暴力は振りかざすけどこんな輩を前にしたら何にも言わないような先生が多いのじゃないかな?

では、体罰で処分された先生達はこういう悪の多い、所謂、素行が悪い生徒の多い学校(あまり誰も行きたくない様な)に配属すればいいんじゃないのでしょうか?
せっかくの教職免許を無駄にするのもなんですから。そこでどう頑張れるか?
やりがいがあったりして。。
”暴力教室”なんて映画がありましたが・・・・。ね。

いつでも、どこでも右見て左見て、前方10m先を見て時には後ろも振り返る、くらいのことしてないといつ殺されたり災難に遭うか本当にわからない世の中になって来ましたね。

突然の隕石落下もごめんです。

今日も用心しながら帰りたいと思います。皆さんも、スマホに夢中になってたら危ないですよ〜〜!!マジで。

ではまた。

 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 未分類
2013.02.10/ 19:37(Sun)
日曜日の読売新聞夕刊の”本 よみうり堂”(本の紹介欄)で月に一度くらいかな、小泉今日子さんが本の紹介をしています。あ、紹介というのは少し語弊があるかもしれない。書評ですね。

『 間もなく47歳になる独り身の私は、これから先の人生をどう生きたらいいのか、もちろん考える。
中略・・・・・・・・・
いつの間にか私の将来から恋愛や結婚、即ち男の人の存在が消えてしまったのだろう。』

ん〜・・・・キョンキョンですよ、キョンキョン。
キョンキョンでもそんな風に思う様にるのかしら?と。

そりゃ、一般人の私なんかはそう思う。けど、芸能界に身を置いていると性格なんかはさておいてもルックスだけでも
「きゃーかっこいい!」と思う男性はいっぱいいるでしょう。
しかも、キョンキョンですよ。50歳になろうと60際になろうともモテモテのはず。

キョンキョンの真意はさておき。
このくらいの年齢になると大きく二つに分かれます。
去年、スタジオV時代の女性の諸先輩方々と女子会(この言い方好きじゃないのですが)をしまして。
その時、モダンチョキチョキズの濱田マリちゃんばりに可愛い人が(既婚者)
「恋愛したいよね〜〜!」
とこれまた浅香唯似(既婚者)の人にぶちまけました。
が、こちらは「・・・・・面倒くさいわ」と。

ほ〜この方もそんな風に思う様になったのかと心の中でぼそっと思いました。

面倒くさい。そう確かにそうです。女性ホルモンの減少によりそうなるのか、かつて見て来た男性に対してうんざりしちゃってもう諦めの境地に入ってしまったのか・・・・。
両方だな、多分。ハハハッ。

しかし、キョンキョン。亀梨君以降はあまり噂も聞きませんがそんなこと言わずにワイドショーを賑わして欲しいな。

あ、キョンキョンのおススメ本は

6055.jpg

上野千鶴子・湯山玲子著 でした。

明日の美容室、14時15時に空きがございます。連休最終日ですね。
ご予約お待ちしております





 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 未分類
2013.02.04/ 19:05(Mon)
珈琲店タレーランの事件簿やらビブリア古書堂の事件手帖やらが非常に人気がありますね。

内容は知りませんがこの表紙の絵がどうもダメです、わたし。
アニメージュ的(今もあるのかアニメージュ??)女の子の絵。・・・絵とは言わん?イラスト?

お洒落カフェじゃなく喫茶店、いろんな匂いを放っている日の当たらない古書店にこんな女の子はいないのです。
ウエストは50cmくらいなのに胸が異常に大きい・・・釈由美子じゃないんだから。。。

というわけで、手に取って中を見る事も恥ずかしく思えるのであります。works_bootimg04.png

ま、漫画なので読む事もないのですが・・・・。
ドラマの方はどうなのでしょうか?剛力彩芽ちゃんならボーイッシュでいいかな。

近頃、本屋さんにばかり行っているので話題が本ばかりになっちまいます。。。
美容に関しては社長のbeauty blog の方をご覧下さい。
意外にも頑張っておりますよ。日々下準備をしつつPCに向かっております。
たまに誤字、脱字もありますがそこは後で気が付けば訂正致しますので大目に見てあげて下さい。

明日の美容室、17時18時に空きがございます。ご予約お待ちしております!!

ではまた。




 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 未分類
2013.02.01/ 19:32(Fri)
昨日、用事で外に出たら途中にジュンク堂書店があったのでちょっと寄り道をしました。
超大型店舗だけあって素晴らしい品揃えでワクワクしてしまう。

そして・・・・英米文学&海外ミステリーコーナーに直行する。
ふむふむ。・・・・・!!!!棚を見ると「へえ〜こんなことになってるんや〜」・・・・

サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」の村上春樹翻訳版が並んでいる。しかも表紙がペーパーバック風で格好良い。よく見ると右上にペーパーバックエディションと書かれていた。

私が持っているのは白水社出版で野崎孝さんが訳されているのものです。
どれどれ、この小説で一番大切な(私が思っているだけですが)序文はどんな風に訳されているのかな?
村上ヴァージョンは。

ちらっと覗く・・・・・。野崎さんの方がやっぱりいいわ。

一瞬、読み比べてやろうかなと思いましたが無駄に思ったのでやめました。
英米文学は村上春樹が翻訳しているのがめちゃくちゃ多い。そして必ず表紙も垢抜けて生まれ変わっているのです。
私は絶対に買いません(笑)なんか、がっかりしちゃう。
センスのある表紙に生まれ変わり他の人が訳しているのなら買う。

ライ麦畑でつかまえてでもそうですが文章が今風になっている。会話も今っぽい。
多分そんな所が古典を初めて読む人達には「読みやすい」となるのでしょうね。
でも随分昔に書かれた小説ですからそれじゃあ私には違和感が生じます。

村上ファン以外は買わないんじゃないのでしょうか??

1.jpg


明日と明後日はミータンお休みのため、社長1人で頑張るDAYでございます。
まだ少し、ご予約お受け出来ますので。
ご予約お待ちしております!!

ではまた。










 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 未分類
 
 
Copyright © 2013 picaresque, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。