http://picaresqueblog.blog88.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

picaresque

Author:picaresque
picaresquehairをフォローしましょう

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2013.09.06/ 20:30(Fri)
山田太一と言えば「ふぞろいの林檎たち」の作者で有名な脚本家でもあります。

少し前にその山田太一著「異人たちとの夏」が新聞で紹介されておりまして猛烈に読みたくなり購入致しました。
まず、日本の現代物なんて読んだこともない私なのですが、しかも「ふぞろいの林檎たち」だ。
でも、ストーリーにとても興味を持ってしまったのです・・・・・・。

IMG_5385.jpg

IMG_5386.jpg

あらすじはざっと上の写真をお読み下さい。
幽霊が出て来るのです。幽霊が。
主人公が12歳の時に自動車事故で亡くなった両親が亡くなった時の年齢のままで幽霊となって現れるのです。
風間杜夫主演で父親・片岡鶴太郎・母親・秋吉久美子で映画にもなっていたので憶えている方もいらっしゃるかも?
(私は全く知りませんでしたが)
おそらくお盆。主人公が生まれ育った浅草、両親が死んだ浅草で再会します。

あ、オカルト小説ではないですよ。(ちなみにもう1人幽霊が出て来ますが)
親が子を子が親を想う無私の愛の小説・・・・ん〜子供の頃への郷愁??

お父ちゃんとお母ちゃんと英雄の会話が本当にいい。
ちらっとyou tube で映画の予告編を見るともっといい。
泣けます。
お父ちゃんとお母ちゃんの幽霊なら私も会ってみたいと思います。

一日で読めますのでもう涼しくなりましたが幽霊話もいいでしょう。
中古本でしか買えないと思いますので書店で探しても徒労に終わりますのでお気をつけ下さい。

明日の美容室、・・・・満員となっております。日曜日も夕方のカットのみの空きとなっております。
社長1人で頑張っております〜〜!

では、また。

スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 未分類
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 picaresque, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。